ツインリンクもてぎ100kmサイクルマラソン【レース】

Cut2013_0110_1649_57

Lap Time Avg速度 AvgBpm AvgRpm NpPower AvgPower
1 09:49.2 29.0 134 81 168 136
2 07:18.0 39.0 161 90 278 251
3 07:34.0 37.5 163 95 221 202
4 07:32.0 37.9 163 97 231 219
5 07:46.0 36.9 157 94 220 198
6 07:09.0 39.9 171 95 277 254
7 07:30.0 38.1 161 95 230 193
8 07:34.0 37.6 160 95 216 198
9 07:33.3 37.8 152 93 200 170
10 07:38.0 37.4 151 91 201 179
11 07:29.0 38.2 163 95 239 223
12 07:24.0 38.6 160 95 233 209
13 07:37.0 37.7 156 92 197 171
14 07:24.0 38.5 157 94 232 207
15 07:23.0 38.6 161 96 245 227
16 07:16.0 39.4 155 96 212 197
17 07:42.0 37.0 158 94 237 224
18 07:42.0 37.0 151 91 211 190
19 07:45.0 36.9 147 91 197 175
20 07:55.0 36.0 152 92 204 184
21 07:09.0 40.0 162 96 242 223

8:00 コースを2周してアップ。

9時にコースインして最前列を確保し、開会式の後9:30にレーススタート。1周目はローリングで2周目からスタート。序盤は動きなしで高岡選手やそのほかの有力選手と話をしながら進む。4周目辺りから逃げらしい動きが出始める。数名が逃げた状態で誰かがブリッジをかけた所に乗るようにして何回か逃げに乗るが決まらず。

レースが中盤を過ぎると風が強くなり始め、コスミックカーボンの80mmハイトホイールのネガティブな部分が出てきてしまいコーナーの侵入でフロントが煽られてナーバスになる。

そんな事も影響して展開が消極的になってしまった所で逃げが出来て高岡選手がブリッジをかけた所を見逃してしまう。それを追った小畑選手に辛うじて付いて行ったものの小畑選手は追うのを辞めてしまい集団に戻る。次の登りポイントで追走ができて右から小畑選手が行ったのを見たが、集団に埋もれてしまい追えず。と言うか追わず。

この追走が高岡選手・武井選手・奈良選手の強力な逃げに追い付きTheEnd。

残り5周ほどは追走に消極的になったメイン集団で周回を消化するのみ。最後はスプリントもせず集団の後方で流してゴール。エキスパート22位と言う結果。

【反省点】

ホイールのミスチョイス。序盤の無駄足。レースに向けての準備不足。気持ちの弱さ。

Cut2013_0110_1647_50

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中