ショート夜練習

Sector Time Avg速度 AvgBpm AvgRpm NpPower AvgPower
Sec1 08:32.5 21.7 120 80 169 160
Sec2 05:40.0 20.8 137 84 203 205
Sec3 12:29.5 32.0 133 86 181 167

一人でスタート。翌日の朝練に備えて少し抑え気味のL2レベル。脚の調子から距離と時間を稼いでも翌朝に良い練習ができなくなると判断しSec3でショートカットして帰宅。

それでも所々で何度か頑張ってみたりして。

Sec3を走り終えて日川高校方面に下っていたら、前方にチラチラ自転車らしき車両が何となく僕のヘッドライトに照らされて見える。しかしヘッドライトはおろか反射板も付いていない様子。ペダルにも反射板は無い。制限速度40キロの道を40キロで走りながら、たまに僕のライトに照らされてシルエットが見える。しかし40キロで走っていても全然追いつかないと言う事は・・・「まさかロードじゃないだろうな?」と思いつつ40キロキープしながら徐々に近づいて行く。パワーは270w~300w弱だったから結構本気で踏んでいた。

明りの少ない道だから30m位まで近づいて、自転車だと言う事はわかった。ただフラットバーなのかロードなのか?の判別は付かない位見づらい。やっと背中に手が届きそうなくらいに追いついた所でロードだと確認した。その瞬間なんかだ分からないけど「ムッ」として追い抜き際に「ライトをつけなきゃダメだよ」的な事を言った。

いや・・・「ライトつけろよ!」だったかな?「ライトを付けましょう~」だったなか?「無灯火かよ!」だったかな?。どんな言葉だったか良く覚えて無いけど、何しろライトを付けて無かった事を注意した。

追い抜き際にハンドルの辺りを確認したけど、ライト自体が付いて無かった感じ。

無灯火は、事故になる確率がとても高くなるし、万が一事故を起こしてしまった時の”無灯火”と言う過失を取られてしまう事がある。どんなに自分が悪く無くても、仮に相手が信号無視をして来たとしても、無灯火だった為に過失割合を取られてしまいかねない。そんなバカな目に会う位ならライトをしっかり付けた方が良いし、自分を守ると言う点でも絶対付けるべきだと考える。

ましてや不意に飛び出して来た、歩行者と接触してしまったら目も当てられない。

こちらは車両で相手は歩行者。しかも無灯火だったなんて・・・考えただけでも恐ろしい。こんな危機管理能力では自分の身を守る事なんて到底不可能だ。

相手の歩行者が軽傷ならまだしも、後遺症の残るような怪我を負わしてしまったり、命を落としてしまうような事態になった時、彼はどうやって責任を取るんだろうか?他人ながらとても心配。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中