TTフォームの改善

軽く夜練習をした後、気になっていたTTポジションの変更をする。

埼玉 利根川タイムトライアルの写真を頂き、それを見て改善。写真を撮って頂けると本当に助かります。写真を撮ってくれた皆様ありがとうございました。

8758168398_e0e094d47c_o

ナガシマさんが撮ってくださった真横から写真はとてもフォームの確認がしやすく参考になりました。一見良さそうなフォームですが、頭が上がってしまい顎が突き出て上体も高くしっかりと伏せれていません。

更なる改善が見込めそうです。なんでだろう?と考えた結果、DHバーが低すぎると言う事に気づきました。

20130521-100116.jpg

早速DHバーの位置をブルホーンバーの上に変更し、30mmほどUP。肘当ての位置は20mmUP位。自転車単体でみるとちょっとカッコ悪くなってしまった印象。ついでに、UCI規定を満たしたセッティングに変えました。

ローラーにセットして300w位まで上げて1分ほど回しポジションとフォームを確認。

20130521-100149.jpg

あら不思議。ハンドルを上げたのにフォームが低くなりました。自転車の見た目はあまり良く無くなってしまったけど、トータルバランスではこちらの方がカッコイイかな。

ヘルメットもシェルを薄いパーツに交換しました。下を向かなければこっちの方がエアロ効果は高そう。

丁度今週末は境川自転車競技場を走れる日だから実走行でもフォームの確認をしてみよう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中