Mt富士ヒルクライム 10回大会

先週あたりから調子が上向き。でも無理は禁物だし、あまり過剰に過信してもダメだったときの落ち込みが激しいからいつもの通りにいつも通りの事をする。

前日は特に緊張も無く、予定通りに予定通りの事をこなし、23時ごろ就寝。3時30分に起きてゆっくり支度をしていたら、出発が遅れてしまいドギーパークのあたりで5時過ぎ。今回の駐車場だったナンチャラ公園へ行くのに迷ってしまいアップへスタートできたのが5時20分。

レーススタート地点の交差点からずーっと下っていて登ってアップ。1本じゃ足りないので何本か。6時になるまでアップをして会場へ。荷物の預けるリミットが6時10分までだったから、急いで預ける。それでも第一ウエーブスタートはゆっくりしたもので最前列を確保。今年も新聞の写真に乗るべく最前列。

そんな感じで準備をしていたらチームのみんなが集まってくれて雑談をしながらスタート待ち。開会式が始まるころヒロミさんを見つけて少し話をし、ゴローさんを紹介してもらった。今中さんも僕を見つけてくれて手を振ってくれたり、僕のブログを見てくださってる方が話しかけてくださったり。

そして7時10分にレーススタート。

スタートラインを切ると一気にペースが上がった。ついついそのペースに付いて行きたくなったけど、パワーメーターは350wを示していた・・・。周りは400w位で登ってるなぁと思い、逆に300wまで落とす。

料金所を過ぎて1キロを経過。ラップアベレージは300wを超えている。「これはオーバーペースだ」と思いつつも300w以下に下がらない。有る程度、周りの流れに乗った状態で300w~340w位でてしまう。前を見ると集団は途切れ途切れになっていて3つ位の集団が見える。僕のいる集団は4番目の集団くらいだろうか?周りを見るとヒロミさんも居た。

2キロ通過時点のアベレージも300wを超えている。「こりゃゼロオフセットがずれてるな・・・」と思い、左に避けてクランクを逆回転。ゴール後ヒロミさんから「そこでゼロオフセットしちゃうんだ!?って思って見てた。」と言われた。

でもこの時点では350w位出てても全然辛くなくて「SRMが絶対おかしいわ~」と思ってたし、それくらいの余裕があった。そんなわけでパワーは気にせず心拍を見ながら走ることにしたんだけど、170bpmを超えててビックリ。こんなに上がったら相当辛いはずなのに、全然平気。

「おかしいおかしい・・・」

そんなことを思いながら走っていたけど1合目を過ぎたあたりで「メーターは見ないようにしよう」と決めてあとは集団を形成しているメンバーのペースに合わせる感じで走る。1合目を過ぎてくると序盤にハイペースで走ったメンバーがパラパラと落ちてきたり、集団そのものがペースダウンしてしまったりして、2合目を過ぎるころには第3集団になっていた感じ。

50mほど前を走る集団には筧選手らしい選手と小畑選手らしい有力選手が見える。追いつけそうだな?と思いながら淡々と走って行くがなかなか追いつかない。3合目を過ぎて勾配が若干緩やかになる区間で前を走る第2集団がバラけ始めた。その集団から落ちてきた選手を吸収しながら4合目へ。

この辺りで、第2集団から脱落した4~5名の選手を吸収。ローテーションが更に回るようになって楽になった。その後は奥庭の登り区間で遅れないように走り、平坦区間は細かく回して最後ゴール前の登りへ。

登り始めた所からスパートをかけると2名の選手が付いてきた。ラスト300m位で抜かれ、ラスト200m位から力を込めて踏んだ結果、第3集団の先頭でゴール。手元計測では1時間6分8秒。

おー!自己ベスト更新。

贅沢を言えば65分を切ってゴールドが欲しかったけど、そんなに甘くないか。埼玉TTの不調がうそのよう。

Lap Time Avg速度 AvgBpm AvgRpm NpPower AvgPower
0~1km 02:57.5 20.3 156 91 305 304
1~2km 03:08.4 19.1 165 86 303 302
2~3km 03:06.8 19.3 168 85 291 292
3~4km 03:00.2 20.0 170 88 288 287
4~5km 02:43.0 22.1 171 90 289 278
5~6km 02:45.1 21.8 172 89 297 290
6~7km 02:45.2 21.8 170 91 277 285
7~8km 02:22.3 25.3 171 90 273 264
8~9km 03:06.5 19.3 172 89 294 293
9~10km 02:33.6 23.4 170 92 263 265
10~11km 02:50.5 21.1 171 91 281 274
11~12km 02:46.8 21.6 170 86 271 271
12~13km 02:53.4 20.8 171 91 272 270
13~14km 02:59.0 20.1 169 86 265 265
14~15km 02:46.1 21.7 169 90 264 262
15~16km 02:50.1 21.2 170 87 267 267
16~17km 02:40.3 22.5 172 86 280 276
17~18km 02:49.3 21.3 169 88 263 258
18~19km 03:05.7 19.4 167 86 253 251
19~20km 02:53.6 20.7 168 87 264 258
20~21km 02:50.1 21.2 165 88 247 242
21~22km 02:28.7 24.2 169 84 259 247
22~23km 01:38.4 36.6 166 89 242 236
23~24km 02:07.4 23.9 173 88 334 343
Total 1:06:08.1 21.6 169 88 279 275

1キロ毎のラップデータ。最後で2分343wが出せたのは良かった。全体的には余裕を持って走って最後にスパートをかけれるくらいの余裕はが有った。だからってもっと限界を詰めて走ったらタイムアップしたのか?と言えば必ずしもそうでは無い。

というのも今回のこの結果は、丁度良いグループに入ることができ先頭交代をしながら走った結果だからだ。Mt富士ヒルクライムは脚がそろったメンバーと上手く走る事で大きくタイムが変わるのは今までの経験でなんども感じてきたこと。

今回は調子が良かったことももちろんタイムアップの大きな要因では有るが、それプラス良いメンバーと一緒に走れたということが大きい。これで来年も第1ウエーブでスタートできるかな?。

null

しかし、年代別トップテン入りへの壁が厚い・・・。

20130602-150925.jpg

体重58.3kg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中