難しい質問

「何かお勧めのタイヤって有ります?」

よくある質問の中で答える難易度が高い質問の一つ。自転車のタイヤは多種多様。個人レベルで全てのテストをする事は不可能に近いから、ある程度の評判を事前に収集して選んでいる。

評判の良いタイヤは、大きく外す事は少ないがそれがベストでは無い事もよくある。気に入ってた銘柄もメーカーのモデルチェンジによって無くなってしまう事もある。

これまでの経験と、色々な方のインプレッションや感じ方などの情報を収集し、自分に合いそうなタイヤをいくつかチョイスして選んでいるが、僕が気に入ったタイヤを他の誰かも気に入るとは限らない。

カーブでの安全性を重視する人。直進時の軽さを重視する人。坂道を登るときの軽さを重視する人。乗り心地を重視する人。全ての平均を重視する人。好みは人それぞれ。

冒頭に書いた「何かお勧め」と聞かれた時は、色々な経験を頭の中でめぐらせる。

たとえば硬くて乗り心地が悪くゴツゴツ感じたタイヤでも、僕より体重が5キロ重い人には、丁度良く感じるかもしれない。路面に吸いつくようなグリップ感よりも、コツコツと路面の凹凸をハンドルに伝えてくれるようなタイヤの方が安心してコーナーを曲がれるかもしれない。

タイヤの空気圧も、最初に使ったタイヤの印象やその人の経験から「何気圧入れたら調子が良い」と言ったような固定観念を持っているかもしれないし、太いタイヤよりも細いタイヤの方が良く転がると言ったイメージや先入観などが性能の正当な評価の妨げになる事も多々ある。

ホイールやフレームと言った使ってる機材との相性ももちろん大きい。一概には言いきれないけど、硬く剛性の高い機材を使うほど自転車は曲がりにくくなる傾向がある半面、剛性の低い機材ではクイック過ぎたり不安定感を感じる事もある。これらをデメリットだと感じる人がいる半面、それを上手く使ってメリットにする人もいる。

タイヤに限った事ではないが、バランスを考えて色々なパーツをチョイスする事が一番大切だ。自分の走りと求める性能を追求して行けば選ぶべきタイヤが有る程度見えてくる。コーナーが苦手だったら、コーナーの苦手を補うようなタイヤ選びをするのも一つの方法。逆を考えたら、苦手なコーナーは苦手だから諦めて、走行抵抗の低いタイヤを選ぶ。と言うのも一つの方法でもある。

考え方。感じ方によって良いとも悪いとも言える自転車のタイヤ選びはとても難易度が高い。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中