朝練習 2人

昨日同様にTTバイクを用意して朝練習へ。昨日も寒い位だったが、今朝も寒い。それでもエアロヘルメットが快適で嬉しい。長袖スキンスーツもベタベタせずに着る事ができるし。

5時45分ごろ春日居JAに着いたが誰もいない。松本さんからは事前に休みだと聞いていたので、ある程度覚悟していたが一人での練習になりそうだ。と腹をくくりアップの準備をしていた。すると杉本君がやって来た。

ほっと胸をなでおろしながらアップへ。流石に昨日ほどの調子良さは感じない。ちょこちょこ微量の調整を重ねているポジションの確認をしながら。

「そうだ!松本さんが来れない事が分かって居て、杉本君と2人での練習になる可能性が有る事を分かって居たんだから、事前に杉本君もTTバイクで来てくれるようにお願いしておけばよかった。」

そんな事を思いながらコースをUターンしたら、TTバイクにエアロヘルメットを装備した杉本君とすれ違った。杉本君自身TTバイクの僕とマンツーマン練習になる事を事前に予測して臨戦体制で来た。

なんか気合い入っちゃうな~。でも疲れてるから無理はせずに昨日の反省を踏まえケイデンスを気にしつつパワーは250w位で。

Lap タイム 速度 心拍 回転 NP ワット 左% 右%
Lap1 6:02 40.0 142 98 242 241 47 53
Lap2 6:03 40.0 149 97 246 239 47 53
Lap3 6:10 39.3 151 99 241 232 47 53
Lap4 6:06 39.7 150 98 238 229 47 53
Lap5 5:58 40.5 151 99 240 231 48 52
Lap6 6:04 40.0 152 99 242 234 48 52
Lap7 6:02 40.1 151 100 242 230 48 52
Lap8 5:55 41.0 156 99 270 251 47 53

1本目スタートして250w位に抑えて走ると思いのほか楽ちん。意外と調子良いのかも?と感じたからそのまま上げずに長く引く。今回は杉本君もTTバイクだから先頭交代時に速度低下が少なくてリズムが良い。先頭を引き終わった際にペダルの力を抜いて左に避けるが空気抵抗が良い分、速度低下が少なく50w位強く踏みこまないと前に出れない。

TTバイクとロードの違いを感じながら、そして鈴鹿の辛かったチームTTを思い出しながら・・・。

流石に2人だし250w位で少し余裕を持って踏んだ事でタイムは伸びなかったが、引く時間が長い分平均ワットとNPの差が少なかった。課題としていたケイデンスは良い感じに回せていた。特に辛くなって来た後半はケイデンス表示とにらめっこしながら走ったに等しい。

今日は250w程度と決めて走ったから、ギアの選択を間違い重いギアを踏み続けて速度を上げた場合と、軽いギアから110rpmほどまで上がった所でシフトアップしてく走りをした場合での違いも試してみた。

重いギアでスタートして徐々に速度を乗せて行く場合、速度を上げる為にはワットも上げなければならず、例えば250w時点で35キロの速度が出ていた場合、これを40キロまで加速させるには速度を1キロ上げるのに10w程度の追加踏みこみが必要で、40キロまで上がった頃には300wほどを踏んでいた。その辺りで110rpm位に達しシフトアップ。

軽いギアでスタートし、110rpm毎にシフトアップしてく走り方の場合、ギアが2枚飛んだりする場面では若干踏まなければケイデンスを上げて行き速度を乗せずらい場面が有ったが、280w程度までで抑える事ができた。

確かに過去のレースデータを見ると辛かったレースはケイデンスが高い。余裕が有ったレースはケイデンスが低いと言う傾向が有り気になって居た。これは体が自然と省エネを意識して走った結果、高ケイデンスを選んでいると言えるのかもしれない。

そしてケイデンスを特に気にした後半の方が左右バランスが良い。ラストラップは、最後なので出し切る為に出力重視で走ってしまったが、意外とケイデンスは回せて走れていたようだ。最後の1キロは55キロを切らないように400w位で踏んでラストスパートをかけた事で右踏みが強くなったのかな?。それとも1%は誤差の範囲か?。

昨日よりも少し落として走ったけど、先頭を走る時間が昨日に比べて長かったから、アベレージワットは昨日と同じくらい。でもIFが1.0を超えるような走りを殆どせずFTP以下のワットで走った時間が長かったから、昨日よりも確実に楽だった。

FTPを超え短時間でもIFが1.0を超えるような走りは酷く消耗する。裏を返せば、ライバルにこのような走りをさせる「何か」ができれば勝負に勝てる可能性は高まるってことか。

練習後、杉本君もTTバイクのポジションに悩んでいる様子だった。TTバイクに限った事じゃないかもしれないけど、乗りこむしかないな。

20130919-141350.jpg

僕のTTバイク仕様とポジション。サドルがまた若干前下がりになってしまってる。今朝TTバイクにまたがった際にサドルからパキッと音がしたのはきっと前下がりにずれてしまった時の音か・・・。構造上定期的にネジのトルク管理と位置の確認はせねばならぬ。

あと、ボトルの位置がカッコ悪いな。しかしこの位置がボトルの脱着が楽。シートポスト側にも取り付けられるが、少し遠い。

体重59.0kg

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中