夜練習 ローラー1h

夜練習をするつもりで自転車通勤の準備をしていたのだけど、天気予報を見たら午後から雨の予報。しかも結構な降水確率。先日購入したミニベロも、まだ泥除けをつけてないし、自転車通勤は諦めて帰宅後ローラー練習をすることにする。

ROTOR POWER software v0.9も使ってみてレビューしたいし。

そんな訳で、帰宅後ローラーの準備をしてスタート。10分アップ&ダウンで10分×3本のL3強度。3本の間に2回の5分レストを入れて丁度1時間の練習とした。

Lap タイム 速度 心拍 回転 NP ワット 左% 右%
アップ 9:48 20.1 111 73 135 129 51 49
1本目 10:02 28.9 149 92 214 215 52 48
ダウン 5:25 19.7 127 75 127 114 53 47
2本目 10:01 29.8 156 95 218 220 53 47
ダウン 5:01 19.3 130 72 131 106 52 48
3本目 10:02 30.0 158 93 221 222 52 48
ダウン 9:33 23.9 142 82 169 153 53 47

まぁ・・・「昨日の疲れが有った」と言い分けさせてください。

しかし、相変わらずローラーだと左が強く出て、実走行だと右が強く出る傾向は変わらず。なんだろう。1本目よりも2本目。2本目より3本目と数値が良くなっていったのは良かったし、ネガティブパワーもペダルスムースネスも回を重ねる毎に良くなっていった。

アップが足りなかったってことかな・・・。

名称未設定 1

これは3本目のスクリーンショット。後半で上げて行ってる時だけど、ネガティブパワーは、ほぼ発生して居ない。その代わりクランクが1回転した時の最大パワーと最小パワーの誤差が大きくなっている。

TORQUE EFFECTIVENESS っていうのは100%に近いほうがネガティブパワーが少ないと言うことになるのかな?。平均だと左が81.8%で右が80.6%と大体20%弱のロスをしている事になる。

PEDAL SMOOTHNESS って言うのがペダリングのスムーズさを示す表示で、クランクを1回転したときの一番出力の出たポイントと一番出力の低いところ(ネガティブパワー)との差を示しているらしい。ということはこの数値(%)は低いほうがペダリングがスムーズと言うことになるのかな?。

このデータから見ると、平均は左が21.1%で右が19.3%と言うこと。左のほうが乱雑なペダリングと言うことか・・・。

最後の追い込みをかけている瞬間的な数値は31%と28%だから力が入ってるところとそうでないところの差が激しい。しかしネガティブパワーは低く抑えられているから、推進力にはなっているって事かな?。

このグラフを見ながらペダリングを調整しても、左右バランス・トルクバランス・ペダリングスムースは調整しきれない。どこかをバランスよくするとどこかでバランスが崩れる。

結局のところ、自分が自然で意識しないペダリングが結果的には一番いい。もちろん練習を経てこれらのバランスがいい方向に向く事は良い傾向なんだと思うが、これって練習を重ねてスキルアップしていけば自然とバランスしてくるんじゃないか?とも感じる。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中