練習なし

先日の朝練習でもCanyon Speedmax CFのリアブレーキが引きずってしまい、コレを解消すべくブレーキワイヤーエンドに付けるキャップを買いに行く。兎に角ちゃっちゃと済ませて練習するつもりだったので、会社から歩いても数分の所にあるスプラッシュで聞いてみると、売り物としてのワイヤーエンドキャップは売ってないと・・・。

しかし無理を言って分けて頂いた。ありがとうございます。

急いで帰り、まずはSpeedmax CFの修理。原因は分かっている。ブレーキが引きずる原因はリアブレーキをカバーしている蓋が悪さをしている事はわかってて、普段は正常に動くのだが、朝練の時のように極端に気温が低く寒くなると、ブレーキワイヤーが縮む事で、ブレーキワイヤーのエンド部分がこのカバーに引っかかってしまい、いったんブレーキを握ってしまうとブレーキが戻らなくなると言う症状。

60244_387126

このブレーキはとっても複雑な形状をしているので、文章だけでは理解できないと思いますが・・・。

キャップを長めに取りつけて、このカバーの中に寒くなってワイヤーが縮んでもブレーキワイヤーエンドがリアブレーキカバーの中に入り込まないようにすれば解決するって訳。

もしくは、極端にワイヤーを短くカットしてしまうかのどちらか・・・。

カットしてしまうと今後ブレーキの調整をする時に調整シロが減ってしまう事を懸念したんだけど、結果的にキャップで対応する作戦は失敗。最終的にはワイヤーをカットする事で解決させてしまいました・・・。

と言う事で、色々と試行錯誤していたおかげで練習する時間がスッカリなくなってしまい、どうせならと言う事で徹底的に掃除&整備を施して置きました。

その後、色々とSpeedmax CFの事を調べていたら・・・。

60263_336632

この方も同じようにカットしてました。

結局コレが一番手っ取り早い解決法だったか・・・。

広告

練習なし」への1件のフィードバック

  1. Speedmax CF リコール – Forzi:k LiveBlog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中