甲府盆地1周 夜練習

++++++++++++++++++++
激しい運動の後にマッサージを受けると、細胞レベルで筋肉の炎症が軽減する事は誰もが知っている事ですが、そのメカニズムは「骨格筋のミトコンドリアの増殖が促進されるため」と言う研究結果が発表されています。
++++++++++++++++++++

今夜は暖かいらしい。妻木君は急用で練習できないみたいだし一人で甲府盆地1周へスタート。笛吹ラインから140号を南下して鰍沢まで行き、新52号線を北上して旧20号線で自宅まで戻るルート。会社を出ると、雪がパラパラと降っていて路面が薄く濡れていたが気にせず出発。

走りなれたコースだけど夜の暗い中走るのは、ほぼ初めて。

基本的に平坦で登りは無いから、今日も高回転ペダリングで快調に走る。心拍数は140bpmくらい。あっという間に鰍沢に到着。あっという間だったなぁ~とサイコンを見るとすでに40分も走っていた。ずっと平坦だったから気持ちが良かったんだろう。

新52号に入ってからも高ケイデンスを保ちつつ快調に走ったが、南アルプス市に入った辺りで向かい風が強くなってきた。週末に雨宮k君と走った辛い向かい風がフラッシュバック。一人ではあっという間に心が折れた・・・。

20キロくらいで坦々と走ったが、気持ちが切れると高ケイデンスもうっかり忘れついつい80rpmくらいをグイグイ踏んでしまい脹脛が痛くなってきてしまう。「しまった」と高ケイデンスだけは維持しながらゆっくり走り、心拍も125bpm~135bpmくらい。平均速度はどんどん下がっていく。

やっとのことで20号までたどり着き、甲府方面に向かって旧20号を走る、この辺りになると向かい風はなくなり快調。道も広いし明るいし。

甲府工業高校の辺りに来ると、また雨ともいえず雪ともいえない霙っぽい氷?が降ってきて、路面を薄くぬらす。メガネも水滴が付き乱反射して見難いし路面も滑りそうで怖いから慎重に走った。

その後すぐに路面はドライに戻り、山梨学院大学を通り過ぎて石和へ入ると、霙が激しく降ってきて路面はヘビーウエット。タイヤの巻き上げる雨水が脛や足を濡らして強烈に冷えてくる。

結局、石和駅前通付近から自宅まではヘビーウエットのまま。びしょ濡れになって帰宅。それでも気温が4℃あって助かった。久しぶりに夜練習で70キロ弱を走ったが、なんだか楽しかった。たまにはロングを走るのもいいかもしれないな。

距離: 68.49 km
タイム: 2:32:55
平均スピード: 26.9 km/h
カロリー: 964 C
平均気温: 4.3 °C
平均心拍: 124 bpm
平均パワー: 149 W
Normalized Power (NP): 172 W
Intensity Factor (IF): 0.616
Training Stress Score (TSS): 95.4
Work: 1,368 kJ
平均バイクケイデンス: 91 rpm

本日も、平均ケイデンス90rpm超え。強度的にはほとんどの区間でL2。流石に疲れてたか・・・。

しかし、この時期にびしょ濡れになってまで練習するとは思わなかった~。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中