休養と整備

++++++++++++++++++++
宇宙はとても魅力的です。地球上では当たり前な事でも、他の惑星ではどういう風になるのか?そんな事を考えたり想像すると楽しいからです。日本にも宇宙開発の拠点として種子島宇宙センターがあります。開局は1969年で今から45年前です。同年にアポロ11号は世界で初めて月面着陸に成功しました。この時に宇宙飛行士の宇宙食として使われていたレトルト食品。それを食べる宇宙飛行士の映像が世界中に放送され、世界中でレトルト食品ブームが起こりました。
++++++++++++++++++++

練習はお休みにした。

久しぶりに休んだ気がするけど、実際はそうでも無い。記録を振り返ってみれば前回は金曜日に休んだから間隔は短め。先週末はやっと屋外で走れた事もアリ、いい気分転換になったかと思ったが、室内練習へのモチベーションが下がっただけだった・・・。

やっぱり固定ローラーと実走では感覚が違うし固定ローラーの入力では実走は進まない感覚が有る。固定ローラーはトレーニングの部類で言うと筋トレに近い感覚。だから逆を言えば、実走では使いにくい筋肉を重点的に意識してトレーニングするには良い効果が得られそう。

そんな事を考えながら、今日はTTバイクのQXLチェーンリングのセッティング。そしてローラー中に気になっていたチェーンの音鳴り。

症状は、インナーギアで回した時に違和感(すっぽ抜ける)を感じるのと各部のチェック。そしてチェーンは埃や砂を噛んだようなジャリジャリ音解消のための清掃。

まずはギア板を取り外し位置のチェック。アウターは外側から見てすぐに分かるが、エアロチェーンリングに隠れたインナーギアは見づらい。裏側から見えるがエアロフレームに隠れて一部しか見えないインナーギアは楕円がどうなっているか非常に確認しづらく、アウターギアを外して確認した方が確実だし手っ取り早い。

そんな訳で作業を始めたが、楕円の位置決めで頭が混乱し、現状の位置で合ってるのかそうでないのか分からなくなってしまった・・・。「あれ?間違って無いなぁ~」と思い調整はそのままに組み直し、改めて落ち着いて考えたら「やっぱり間違ってる!」と気付いて2度目の分解・・・。

インナーギアを正しい位置にセッティングして組み直し。多分これで、今まで感じていたすっぽ抜ける感覚は無くなるはず。そして久しぶりにKTCのトルクレンチが役に立った。購入した時はソコソコ良いお値段だった低トルク用のデジタルトルクレンチ。2N・m~30N・mに対応したものだけど、自転車以外使う事が無かった・・・。

mono10964633-090310-02

ターゲットトルクを設定しておくと、1N・m手前から音で知らせてくれるから、液晶が見えない作業でもトルク管理が出来て便利。

あとは気になっていたチェーン清掃と注油。確認はしていないけど、良くなったに違いない。早く実走で試したいが、TTバイクは当分乗れそうにないな・・・。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中