夜練習 L2 160分

++++++++++++++++++++
流行に流されやすく、自分に見える事を信じやすい。”人”とはそんな動物。それが間違であるかどうかは重要では無く。それらを理解すれば、自ずとその裏側も見えてくる。
「受け入れる事」が大切。
++++++++++++++++++++

明日の天気が明け方まで崩れなければ久しぶりの朝練習が出来るんじゃないか?と期待してみたものの、日没に近づくにつれて翌日の天気予報は無情な方向に修正されていった。

そんな訳で、軽く短い練習予定だった夜練習のボリュームも増やす。当初は100分50キロ弱の予定だったが、60分追加して20キロ強多く走る事にする。

妻木君も自転車通勤で出勤して来たから久しぶりに2人での夜練習。気温が暖かかったので出発時に来ていたウインドベストはアップを終えた所で脱いでバックポケットへ。

夜練コースのペースはL3位を意識したが、登りではL3~L4位。平坦と下りはL2~L3にギリギリ入るかな?位。流石に疲れを感じていて平坦や下りでターゲットまで上げきれない。しかも花粉なのかダストなのか分からないが、アレルギー反応を起こしクシャミと涙が止まらない。

そんな辛い状況だったが夜練コースは54分台でクリア。NP208wとまぁまぁギリギリターゲットをコンプリートと言ったところ。内容は先に書いた通りイマイチだったけど・・・。

そう言えば58キロで停滞して居た体重が57キロ台まで落ちた。プラシーボ効果かもしれないけど、心なしか登りが楽。

妻木君と別れ、アレルギー反応であふれだす涙をサングラスの内側にポタポタ落としながら140号へ入ってロングコースへ。クシャミと涙で練習に集中できない場面もあったが、使うのは脚で顔は関係ないと思い頑張る。

もう自分がどんな走りをしているのか?どういう走りをするのか?をコントロールできる状態には無かったが、こんな時こそ出る自然な走り方ってのも知って置いて損は無い。そんなプラス思考。

そんな感じで走っていら平和通を国道20号線と交わる辺りでアレルギー反応がピタッと無くなった。

でも時すでに売り切れ(こんな言葉あるのか?)。

お腹が空いて力も出ないし左足の踝が痛む。無理の無いペースに抑えて予定の練習コースをこなすだけ。と言っても帰路に向かっているので、こなさなければ帰れないだけの話。

距離: 71.85 km
タイム: 2:41:46
平均スピード: 26.7 km/h
高度上昇値: 959 m
カロリー: 984 C
平均気温: 5.4 °C
平均心拍: 128 bpm
平均パワー: 156 W
標準化パワー (NP): 179 W
強度係数 (IF): 0.638
トレーニングストレススコア (TSS): 100.5
ワーク: 1,408 kJ
平均バイクケイデンス: 87 rpm

気温が暖かかったのはとても走りやすくて良かった。盆地1周コースと違いこっちは風が無い分、獲得標高が1000m弱も有るんだ・・・。登りが多いからケイデンスも務めて上げて行かないと90rpmを超えるのは難しい。小刻みな登りが多いのでダンシングが多くなるのも原因。

しかし、ヘロヘロだった。もし明日天気が崩れなかったら朝練習は死ぬな・・・

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中