Speedmax CF リコール

先日Canyon社からE-mailが届いた。

内容は、Speedmax CF Sサイズのリアブレーキに不具合が見つかり、タイヤがロックしてしまう可能性が有る。しかしこの不具合で事故は発生して居ない。ユーザーの安全を守るために一度点検するから自転車を送ってほしい。到着後、修理して3日以内に発送します。

と言った内容(かなり要約)だ。

要するに、僕が冬に入ってから悩んでいたリアブレーキが引きずってしまうトラブルの事だと思う。コチラ

僕は独自に原因を追究し解決してしまったが、Canyon側ではどのように対応したのか?は定かでは無い。だから「どうやって対処したの?」「具体的な対処方法を説明して」とお願いしてみた。対応の早いCanyon社の事だから、今晩にはきっと返事が返ってくるだろう。

5月11日には利根川タイムトライアルも控えている。あと1カ月以上あるとは言え、その間の練習は貴重だ。だから送るとしてもレース後。もしくはシーズン後と言う事になってしまう・・・。

兎に角、詳しい内容を説明してもらい、すぐに修理が必要な物なのかどうか判断してみる。

それと、先日の朝練習の際にTTポジションを少し変更した。内容はハンドルと肘パッドを10mmUP。これによって寝ていた骨盤が起きる事でお尻の筋肉が今までより伸びずペダリングがしやすくなる事を狙った。ただし状態が10mm高くなる訳だからドラッグは増える。

少々辛くてもドラッグを抑えた方が速いのか?ドラッグを犠牲にしても力強く踏めた方が速いのか?このバランスも難しい。これによって座る位置が変わり、サドルを3mm下げた。サドルが低いかな?と感じ無い事もあるが、サドルの上で座る位置を動かす頻度が減った。

後は、フォームを客観的に見てどういう意識を持てばドラッグを減らして走れるかを見たい。

今日は雨の為練習はお休みです。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中