ほんとに軽いの?1199

カタログでは1199Sの乾燥重量は170.5㎏。燃料・オイル類を含む総重量は194.5㎏。

燃料タンクは17リットルの容量があるので、単純計算して空タンク状態では177.5㎏ほど。車の時もそうだけど僕はフル満タンで走る事がほとんど無いので、大体10~13リットルくらいで走っている。燃料残量が5リットルを切ると燃料警告灯が着くので概ね、車両重量180キロ~190キロ程度で乗ることが多いんだと思う。

1200㏄のオートバイとしては信じられないくらい軽いですよね~。本当だとしたら。

以前乗っていた事がある748Rはレース仕様でしたが車両重量はタンクを外した状態で178㎏ほどでした。ST600クラスでは4気筒が160㎏までの軽量化が認められていて、2気筒の748Rは166㎏までの軽量化が認められていましたが、全く届く気配が無く、重量検査に引っかかる心配は全くありませんでした。(音量検査はドキドキだったけど)

それらを踏まえると、1199って748Rよりも軽いんですね。そして僕の1199はテルミニョーニのマフラーをインストールしていますから、さらに6㎏ほどの軽量化がされていますし、ほかにも不必要なパーツは外していますから7kg位は軽量化されていると予想されます。

だとすると、ガソリンを満タンに入れたとしても190㎏を超えない値がでているハズ。相当軽いです。

だけど・・・。748Rよりもいろいろな感じが重いんだよな(ボソボソ)。実測値測ってみたいですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中