退院

1000キロ点検でクラッチに異常が見つかり入院していた1199が無事に退院しました。長かったようなそうでもないような2週間。その間の代車として活躍してくれたNC700Cには250キロほど乗りました。

image

帰ってきた1199のキーをONにすると、次の点検まで11000キロと言う表示が。

image

1000キロ点検を終えた1199は、サービス警告灯が消え使用回転数範囲が7000rpmから8000rpmに引きあがっています。

1000キロを越えた時点では、回転数の制限がすべて解除されていましたが、1000キロ点検を実施した事で制限表示が8000rpmになったという事はDDS(DUCATI DIAGNOSIS SYSTEM)でこのあたりを設定する事ができるのかもしれませんね。

image

クラッチは修理前より軽くなりました。そして新車の時から黒かったフルードは透き通った透明なフルードになり気分もよいのですが、その分元から黒いブレーキ側のフルードが余計に気になります・・・。要交換かな。

久しぶりにエンジン音を聞いたら、うるさくてびっくり・・・。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中