サーキット

Ducatiの1199なんか乗っているとサーキットって走ってみたくなりますよね。実際1199の情報を求めてネットサーフィンをしていると、サーキット走行を楽しんでいるレポートを多く見かけます。1199事態あまり情報が少ないですが、その中でもサーキットのレポートなど多く見かけるという事は、1199に乗りたいというのと同じくらいにサーキットを走ってみたいと思うんだと思います。

僕も慣らし運転が終わったら、とりあえずサーキットを1度は走ってみたいと思っています。もちろん転ばない程度に・・・。

山梨と言えばスポーツランドやまなし。過去に何度か走ったことがあり、自宅からも一番近いサーキット。しかしホームコースと言うほど走りこんで居ませんしイベントやレースにもあまり出たことがありません。2001年~2002年に乗っていたYZF-R6の調整に利用していた程度。しかしスポーツランドやまなしで学んだことは多く、富士スピードウエイ・ツインリンクもてぎ・筑波サーキット・鈴鹿サーキットなどを走るうえでとても勉強になりました。

ベストタイムは37秒0くらいだったと記憶しています。6秒台に入るか入らないか?なんて話をしていて、長らくスポーツランドやまなしのレコードタイムだった記憶もあります。今では、そんなタイムは到底無理でしょうから39秒くらいで楽しめたら良いなぁ~って感じ。

そういえば、最近のサーキット走行会ではオートバイのミラーを付けたままサーキットを走ることができる会もあるんですね。びっくりしました。僕が走っていたころは基本的に転倒した際に破損し割れてしまう部品にはテーピングを施すか、取り外しが義務でした。

ミラーに関しては、ガラスなので取り外しが義務。なぜかと言えば、割れて飛散したガラスは走行しているオートバイや車が踏んでしまった場合、タイヤをカットしてしまう危険があるからです。(プラスチックは飛散してもタイヤカットすることが無いので清掃を簡単にする目的でテーピングOK)

もし自分のタイヤがガラス片でカットしてしまったら大ショック。数万円もするタイヤがパーです。

やっぱりサーキットを安全かつトラブルなしで楽しめるように、飛散するパーツと油系の対策はしっかり行うのがマナーだし、サーキットの最低限守るべきルール(法律に近いかも)ですね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中