梅雨の合間

自転車練習を終えて、シャワーを浴び空の様子を眺めると、まだ雨が降りそうに無い。雨雲レーダーを見てもスポット的に雨が降っている様子だけど大きな雨雲は無さそうなので、急いで1199をガレージから出して乗り出した。

image

先日書いた、この回転数の制限。これ慣らしの制限ではなく、エンジンが温まっていない時の制限でした・・・。エンジンを始動して走り出すとすぐにオレンジのラインが9000rpmの位置に上がり、程なく11000rpmの位置まで。

「エンジンが温まるまでこの回転数以下で走りなさい」という警告だったんですね。そんな訳で、制限の目安はありませんが、あと1400km強を8000rpm以下で走ることとします。

今日は以前から走りたいと思っていた300号線のヒルクライムコース。この300号を越えて本栖湖に出たら西湖→河口湖と巡り、若彦トンネルを抜けて帰ってくるというおよそ100kmのコース。

まずは笛吹ラインを南下して300号を目指しましたが、道が混んでるし真っ直ぐでつまらない。シャトレーゼ工場を過ぎたところから広域農道にはいり、少々遠回りですがワインディングを楽しみながら。

そしてお目当ての300号に入り危険のない程度のペースで坦々と峠道を走って本栖湖へ。5000円札の富士山をバックに記念撮影でも・・・と思っていたが、富士山は見事に雲の中。諦めて西湖を目指し、西湖の看板をバックに記念撮影。撮った写真は、最近バイクに興味を持ち始めたスー兄(すーにー)に送ってバイク熱に燃料投下。

そのまま河口湖に下ると、一気にウエット・・・。

そして降雨・・・。スピードを緩め、トンネルで雨宿りをしているバイクを横目に若彦トンネルまで走り「この山を越えればきっと降ってないだろう」と思いながらトンネルを抜けたが、期待は裏切られた。

少し下ったところにある「おごっそう屋(芦川物産直売所)」で雨宿り。すると河口湖のトンネルで雨宿りしていたバイクの方も来て、少々とバイク話に花を咲かせた。そんな訳で退屈せずに時間をつぶし、雨も上がったところで鳥坂峠を下って帰宅。

自宅付近は全く降らなかったみたいで、近所の子供たちが元気よく遊んでいた。

汚れたバイクをすぐに洗って、車体の水滴をふき取っていたら突然の土砂降りで、またバイクがびしょ濡れ。急いでガレージにしまってオートバイを乾かしておしまい。

なんだかドタバタでとうとう1199を雨の中走らせてしまったが気分は良かった。午前中は自転車に乗って、午後はバイクに乗るなんてとても贅沢。

500eb-p434

本栖湖ではこんな景色が見れたはずなんだけど・・・。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中