タイムトライアルジャパン第2戦 利根川ステージ

先月の渡良瀬ステージに続いて、第2戦となる利根川ステージへ参戦。前回はアルティメット1チーム。ノーマル2チームと3チーム体制で挑んだシリーズ戦。今回は残念ながらメンバーを減らしてのアルティメット・ノーマルでそれぞれ1チームずつ。

しかし前回の反省を踏まえ、練習に励んできた。特に今回ノーマルクラスに参戦した倉澤さんを筆頭に久しぶりのレース復帰した鈴木君に赤池君と言う2人の若手。芦沢さんは東京に転勤になってしまってからなかなか一緒に練習をできないが、もともとの朝練メンバーと言う実績があるから心配はない。それぞれのスキルが高いのは分かっていたので、あとはどれだけチーム力を発揮することができるか?

10353453_429109197232237_1116890315146227310_o

今回もマネージャーとして参加してくれた梨恵ちゃん。そして初めてレースに同行してくれ撮影をしてくれた高野さんの2人が強力にチームをサポートしてくれた。今回は初のチームフラッグを用意してレースに参戦したので、観戦する側も盛りあがる事が出来た。

10517465_429108193899004_4818247736082028066_n

気さくな梨恵マネージャーにチームのみんなフレンドリーに接する事ができる。そのお蔭でゼッケンの取り付けをお願いしたり、水を用意してもらったりと本当に助かりました。特に今回はレース後にゲリラ豪雨があった事で荷物の撤収に選手は大混乱だったけど、高野さんと梨恵ちゃんが冷静に片付けてくれたおかげで選手は本当に助かった。

10455058_429108903898933_7222156100347820162_n

しかし僕はと言うと・・・。そんな手厚いサポートを頂いているにも関わらず、レースに気合が入らず、忘れ物が多くてみんなに迷惑をかけてしまった。まず集合場所でホイルバッグを忘れたり、究極は現地でサイコンを忘れた事に気づくという失態。

こんな失敗にも個人TTには出走しない雨宮w君がサイコンを貸してくれて助けられ、遅れて合流する高橋君にサイコンを用意してもらいチームTTも事なきを得るという何とも情けない状況。しかし、こうして支えてもらえることで素晴らしい仲間と最高の時間が過ごせているんだと実感するのも事実。

アップではサイコンが無いので、赤池君に時間を測ってもらいながら。(写真)

10568836_680415602012086_7119079920167178696_n

個人TTは、ノーマルに出場した倉澤さんが9時にスタート!平坦に強い倉澤さんだけに好成績を期待。今回も立派なスタート台からホルダー付きでレーススタート。

10522469_680415675345412_2684183852260084470_n

選手をチーム全員で応援。「来たらなんて声をかけようか?」なんて話題で盛り上がる。こんな時はだいたい「もっと踏めー」とか「行けー」とか。実際でも走ってる方からすれば、ほとんど聞き取れない。

真夏の暑い中7キロ強の個人TTを走り切った倉澤さんは、平均速度41.15kmで6位。トップとは18秒差だったが、表彰台まではあと6秒と僅差。このまま頑張れば近い将来は表彰台に上がれる日が来るハズ。

ノーマルクラスが終わり次はいよいよアルティメットクラス。この頃には気温がぐんぐん上がり本日のピークに・・・。エアロヘルメットをかぶる気にもならない状況。

10271617_429108933898930_1400027189881049989_n

スタート台近くの待機所にはテントも用意されて居たけど、暑くて暑くて・・・。先にスタートする杉本君を見送ってヘルメットをかぶってたりして準備。

10270624_429104850566005_6017885382159693498_n

待機所でスタート地点に戻ってきた杉本君を見ると、かなり辛そう・・・。「そりゃこの暑さじゃなぁ・・・」そう思ってみると、走ってる選手みんな辛そうだ。そしていよいよ僕のスタート。体にボトルの水をかけてジャージを濡らしてからスタート。最初の10秒くらいは涼しかったけど、その後は関係なし・・・。

10556387_429104973899326_9208275944034224880_n

杉本君の時も僕の時もチームのみんながフラッグをもって応援してくれる。

1Lapした所で「リタイヤ」と言う文字が頭をよぎるくらい暑くて辛くて厳しかったけど、ペースを落として何とか走り切った。スタートした時は250w位を目標にしていたが、1回目の折り返し時点で200wに落ちて、2Lap目はせいぜい170w程度・・・。

ゴールして自転車を降りたら、頭がぽーっとして「ヤバい」って感じ。「1時間後のチームTTは走れるのか?」と不安。

10494617_429105473899276_4696532012233042471_n

休憩は日陰で水分を取りながらジックリ。高橋君が用意してくれた保冷剤で頭や首を冷やして何とか復活。この暑さは本当にきつかった・・・。そして午後のチームTTへ。メンバーで軽く作戦会議をして、僕・杉本君・雨宮w君・高橋君の並びで走る事を決めて挑む。目標はあくまでも熱中症にならない程度に頑張る・・・。

1924354_680419002011746_5525615297537847648_n

そして先にノーマルのチームがスタート。鈴木君・倉澤さん・赤池君・芦沢さんの順で隊列を組んで走った。チームの作戦は、ペースに乗ったら細かくローテーションを回し、強く短くを心掛けたらしい。

10425092_429106793899144_4044223695882142594_n

練習の成果もあって隊列が整いペースも良い。撮影していた高野さんも「速くて撮れない!」と言うほど。そして次は僕らが出場するアルティメットのスタート。今回は兎に角全員でゴールしたかった。

10525620_680420088678304_3676152645188803283_n

スタート前は特に会話も無く、個人個人がしっかり集中している感じ。それぞれがやるべき役割をしっかり理解しているからこそ?かな?。特に緊張もせずみんなを信じてスタート。

スタートして往路は追い風。復路の向かい風でペースを落とさないために若干余裕をもって加速した。

10502273_429106867232470_9180166095311649177_n

追い風区間は48キロくらい。向かい風区間は43キロくらい。良いペースでパワーもいい感じに出ていた。理由は、午後になって急に天気が崩れ始め曇ってきたことによってかなり涼しくなったから。

10584099_680420698678243_2190217846461768368_n

Uターンも声をかけながら焦らずこなし無駄足を使う事無く2周目へ。この時点で雨宮w君もしっかりと付いて来ているし、前回脚を攣らしてしまった杉本君も力強い。僕と高橋君が長めに引いて、杉本君と雨宮w君がペースを守るという連携で最後の折り返しを終えて、ゴールまで残りが1.3km。

ここで雨宮w君と杉本君が残りの力を使い50キロまで加速。中切れしそうになりつつも声をかけながらうまく調整して最後は4人で並んでゴール。誰も千切れなかったし、全員がしっかりと仕事をこなした最高のチームTTだった。

ゴールして退避エリアに入ると鈴木君が「僕たち優勝しました!」と嬉しそう。これには僕もびっくり!急いでリザルトを確認しに走る。

確かにForzi:kがリザルトの一番上に!タイムも9分34秒で2位以下に約14秒の差を付けてぶっちぎり!これにはチームのみんなで大喜び。アルティメットは19分9秒で5位。トップのなるしまフレンドには1分以上の大差をつけられてしまったが、2位のシナジーとは8秒差。

前回からさらにチーム力が上がった結果になりました。

表彰式と2トライはゲリラ豪雨で中止になってしまい残念だったけど、また一ついい思い出ができた最高の1日となりました。

10517521_429104433899380_5960203864878815150_n

関係者の皆さん。ありがとうございました。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中