第6回 グランフォンド八ヶ岳

今年もグランフォンド八ヶ岳のサポートスタッフとして、今年で6回目の開催となったグランフォンド八ヶ岳に参加させていただいた。

僕は今年で3回目のお手伝い。業務は参加者と一緒にコースを走って、参加者の交通の安全とトラブルへの対処をおこなう。と書けば硬いけど、一番は参加者の方々にグランフォンド八ヶ岳を楽しんでもらう事。そして山梨を知ってもらうこと。そして継続的に参加してもらえるようなイベントを作りたいと思ってお手伝いさせてもらっている。

今年は2400人のエントリーがあり、開催を重ねるごとに人気を増している大会ですが、当日は台風18号接近の影響を受けて未明から大雨。

僕らは近くの宿舎に宿泊して5時30分に大会会場に向かいましたが、駐車場はガラガラ。5時に大会の開催がアナウンスされ、6時にコース短縮の決定がなされましたが、やはりこの天気ではDNSが多かったようです。

IMG_0767

それでも走る方がいる限り僕らはおもてなしをします。

事前に購入した簡易的な泥除けを装備してスタッフミーティングへ。雨は強く降り続け霧も出たり状況はよくなりません。ミーティングを済ませて開会式へ。こんな状況でしたがスタート会場では既に多くの参加者が並んでいて、今中さんの「もうこうなったら覚悟は皆さんできてますよね?」と言う言葉にスタートを待つ皆さんのテンションが上がっていました。

そして定時にグランフォンド八ヶ岳がスタート。20人ほどのグループが15秒起きにスタートしていき、僕は前方の方のグループで出発。

スタートの清泉寮から少し登り、八ヶ岳横断道を下るルートですが、早くも体はびしょびしょ。レインウエアを着ていったけど、瞬殺。第一エイドに着く頃には、全身びしょ濡れだし下りで寒いしで・・・。

それでも沢山の参加者が第一エイドでのサービスを受けて賑わっていました。

コースが進むにつれて、参加者を見かける感じがパラパラになってきて、第2エイド・第3エイドと進んでいくにつれて人数が減っていく感じ。寒さに耐え切れずDNFしてしまった方々も居たようです。

途中のおいしい学校のエイドで日向 涼子さんと一緒になったので少しおしゃべり。タイムトライアルジャパンでお会いして以来でしたが、覚えていてくれました。

美味しい学校からゴールまではひたすら登り。寒さは和らぎましたが、雨が激しく降る中を進むのは厳しい。参加者ひとりひとりに声をかけながら進んで2時ちょっと前にゴール。

豚汁をいただいて、最終エイドまでくだってもう一回走ろうか?と自転車を持ち上げたところで「まだ走るの?」と着替え終わった倉澤さんが・・・。あれ?終わり?と聞くと、もうサポートスタッフは終わっていいと言う事だったみたい。

確かに、もう走っている人は殆どいないし、回収車も出動していたから大丈夫かと着替えて撤収の準備。仕事を終えた今中さんもおつかれさまを言いにわざわざ来てくれて、翌週に迫ったツール・ド・富士川もおねがいしますと伝えて解散。

いやぁ今年は一番疲れたかも。

大会本部のご行為で、近くの温泉施設を利用させていただき、体を十分に温め、倉澤さんと杉本くんの3人で夕飯を食べて帰りました。

今回は残念な天候でしたが、来年はリベンジという事でDNSしてしまった方々も、また山梨に遊びに来てください。そして10月12日はツール・ド・富士川も開催します。現時点の週間天気予報では晴れ!こちらの大会は9日までエントリーを受け付けています。

まだ間に合いますので興味のある方は是非!ツール・ド・富士川エントリー

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中