サイクルモード2014

今年もサイクルモードへ。朝7時過ぎに、杉本くんが迎えに来てくれて、杉本くん・高野さん・雨宮w君と4名で幕張メッセへ。

IMG_0854

開場少し前に到着したけど、入口に並んでいる列は、例年よりも多目な気がする。アニメの効果だろうか?。とりあえず、入場してすぐにインターマックスブースへ行って、今中さんとインターマックスのスタッフに挨拶をして、スタッフの方々に一通り商品の紹介をしてもらった。

IMG_0852

色々紹介してもらった中でも面白かったのがこのタックス固定ローラー。一見普通のローラーに見えるけど、ワットが測れたりコースを設定することによって時間で負荷が変わったりする。

ローラーを回す力で発電し、データを飛ばす仕組みになっているということで電源は必要ないから、レース会場でも使えるスグレモノ。

IMG_0853-0

コースの設定はタブレットやスマホのブルートゥースで行える。写真はコースを作っているところ。時間で勾配(負荷)を細かく設定できるから、詳細なデータがあればスバルラインなどの細かい勾配も設定できる。

そしてアプリから、世界中の有名コースのデータを購入することも出る。そうすればモンバントゥなども走れちゃうわけ。

IMG_0851-0

価格は少々高いが税込で11万強。割引が入れば10万円位で買えるのかな?。この他にタブレット代もかかるけど、スマホを持っている人はそれでも代用できる。ただし、表示もスマートになっちゃうみたい。

走行中は、標準でワットと速度とケイデンスなどが表示され、心拍センサーにも対応している。最大勾配は15%まで再現できるがそれ以上は出来ない。なので15%以上の区間があるコースは再現することができないが、全体の平均勾配で行けば平均勾配が15%を超えるようなコースはほとんど無いから十分対応できるだろう。

実際に3分ほどのコースを乗ってみたけど、勾配が変わる感じは実走に近い。ただし、勾配が強くなればなるほど、実走感が薄れすごく負荷を上げたローラーを回してる独特な感覚が強く出てしまう。でもトレーニングとして利用するならこのシステムは面白いし、実走感を求めるなら激坂設定をせずギアで負荷を増やしていくような使い方をすれば良い。

色々な物が進化していくのを見るのはおもしろいなぁ。インターマックスだけでなく他のブースでも面白いものは沢山あったけど割愛。

IMG_0856

一通りブースを見て、昼過ぎに会場を出た。お腹がすいたので、イオンへ移動し4人で昼食を食べて、僕は翌日の予定を消化すべく3人と別れて都内へ移動。

明日はDucatiショップ巡り。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中