Monster821 レビュー

試乗レビューの続き。今日はMonster821です。

IMG_0906

エンジンは水冷になって125ccの排気量アップ。車体はホイールベースが長くなり安定性がましているそうだ。まずまたがった印象は、696に比べてかなりシート高が高め。ステップもノーマルだから結構ゆったり感がある。シートが高い分、視線が若干高く眺めが良い。このバイクもアーバンモードでスタート。

エンジンを始動した瞬間から「ああ・・・馴染みがある。」と感じた。125ccの排気量アップだが排気量も迫力がある。レスポンスは非常に軽くパワーも125ccアップと言う数値的な感覚よりも実際は相当パワフルだ。

走り出してすぐにわかったのはホイールベースの長さ。ホイールベースが長くなったぶん直進安定性は増している。左右にハンドルを切ってウェービングさせて見るとかなりオートバイが立とうとする感じが強い。

コーナーの立ち上がりで少しパワーをかけていくとリアのグリップ感がググっと効いてきて696よりも圧倒的な加速力をしっかりと支えてオートバイを前に進める感覚が感じられる。軽快な感じは薄れたが安定感は増している。

696よりも高速コーナーで安定させられるような味付け。

IMG_0907

シートが高くなったのと同時に幅も若干広くなっていて足付きは悪くなった。176cmの僕ならこれくらい問題ないが、女性だと少し不安かも知れない。それと後ろ側エンジンのエキパイが右足のひざ下に当たる感覚も微妙だった。停車時・乗車姿勢両方で当たる感覚がある。

慣れてしまえば1199のリアサスペンション同様に気にならないのかもしれない。

スポーツモードに切り替えるとレスポンスが上がり吹け上がりがとても軽い。トルク感が非常にあって、雑にクラッチをつないでもエンジンは止まる気がしない。直線で少しアクセルをワイドに開けるとハンドルから手が離れてしまうと感じる位の加速があり充分な速さも兼ね備える。

見た目は似ているが696とは全く違う。サーキット走行会などを楽しむならば696では少々頼りなく感じるし、大きなサーキットには向かない。しかし821なら、もてぎや鈴鹿といった国際サーキットに持ち込んでも充分楽しめそうだ。

僕は普段の足として使うなら696を選ぶだろう。実際にどっちを買うか?と問われたら1199を所有しているから696を買う。しかし、週末のツーリングも快適に走れて普段の足にも使えるバイクとなれば821は丁度いいチョイスなのだろうな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中