トリニシティ レビュー

昨年末の話ですが、YZF-R25の試乗をさせていただいた同日に、3輪オートバイのトリニシティへも試乗させていただきました。

IMG_0974

このオートバイは3輪ですが、前輪が2本というこれまでにないスタイルが注目を浴びています。後輪が2輪ある3輪オートバイへは乗ったことが有りますが、前輪が2本とはどんな乗り心地なのでしょうか?

トリニシティの排気量は125ccと小排気量モデル。通勤やちょっとした足に使うにはランニングコストも安く使い勝手が良いと言えます。自動車保険もファミリーバイク特約が使えます。

少し駐車場をぐるぐる走って感覚を掴んでから一般公道へ。

このオートバイは3輪ですが自立しませんので2輪車と同じように転倒します。ですから一時停車する際は足を地面に付ける必要があり、最初の信号でストップした際に、意外と足付きが悪いと感じました。176cmの僕でもゆったりしたシート位置にズンと腰を据えて乗っていると両足のつま先が付くくらい。

両足をべったり路面に付けたいなら、シートの前の方に座る必要がありました。オプションでシートが変えられるようなので、足付きに不安のある方は変更する必要があるのかな?

さて、3輪という特殊なオートバイのフィーリングですが、乗ってしまえば普通の2輪車と感覚はほぼ一緒。段差の乗り降りも普通の感覚で大丈夫でした。「なんだ~意外と普通でつまらないなぁ・・・」と思っていましたが、駐車場でのUターンやタイトなコーナーで「なるほど!」と納得。

フロントのグリップ感が非常に高く、普通のスクーターではちょっと探りながら寝かすような場面でもグイグイと旋回させていけるのは非常に安心感があります。これは、オートバイ初心者や高齢の方でも安心して乗れる。この感覚が新しくてわざわざタイトターンをしたくなるくらい。

しかし欠点もありました。それは重量が重いこと・・・。前輪が2つ付いてるという時点で仕方のないことですが、車体の重量に対して125ccでは少々非力な感じもします。加速感は原付とあまり変わらないし、取り回しも重いのが気になります。

250ccのトリニシティが出たら面白いかもしれませんね。

 

そして話は変わってDucatiネタ。

1199で初走りしてきました。といっても近場を軽く50kmほど気持ちよく走ったのみ。途中2りんかんやカムイ二輪館へ寄ってバイクパーツを眺めたりしましたが、Ducatiに適合するパーツはチェーンくらいであまり面白みはありません・・・。

IMG_1019

とりあえず今年の初走りができたと言うことでヨシ。

先日取り付けてもらったモトコルセのバックステップが緩んでペダルがクルクルと回ってしまいました。ネジロック剤が塗布してなかったので、ロック剤を塗布して再度締め付けを行いました。

振動の多いDucatiですから仕方の無いことです。しかしモトコルセのバックステップがすばらしいと感じるのは、こういった緩みのトラブルが出ても部品が脱落しないような設計になっていることです。

それと、ネジがすべてチタンボルトになっているので価格は若干高いですが納得のつくりだと思います。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中