しまなみ海道サイクリング

8時半にホテルをチェックアウト。しまなみ海道へは車で移動。今治のサンライズ糸山で現地NPO法人シクロツーリズムのガイド宇都宮さんと待ち合わせ。今回は宇都宮さんのガイドの元、しまなみ海道を渡り一番近い島である大島をめぐる30キロほどのサイクリング。

IMG_1202

まずはレンタル自転車を借りる。今回借りた自転車はクロスバイク3台、タンデムバイク1台、電動アシスト自転車1台の計5台。NPOメンバーの6名でこれらの自転車に乗ってサイクリングへ行く。

自転車のレンタル料は500円と激安。ヘルメットや必要に応じてプロテクターなども化して頂ける。流石に500円は安すぎだろうと思っていたが、近く1000円に値上げするそうだ。1000円でも厳しいだろうなぁ・・・。

IMG_1205

走り出してすぐに今治造船の港が見える。造船の町今治を象徴する景色。もともと江戸時代は塩を生産していた町だったそうだが、船で買い付けや出荷する商人達の船が停泊する際、故障した船を修理していたことから造船業が始まったそうな。

IMG_1208

しまなみ海道を渡るサイクリングスタート。高速道路の脇を通り道幅2mほどの通路が自転車と歩行者の専用通路となっていて、走行は対面。反対側にも同じような通路があるが、そちらは原付及び小型自動二輪専用道路。

IMG_1209

早速サイクリングへスタート。海沿いだから思いのほか風が強い。そして寒い・・・。橋は道幅も狭く対面通行だから速度はゆっくりが基本。体が温まるようなペースで走る事は難しい。だからこの時期は気持ち普段よりも厚着をして走ったほうが良いカモ。

IMG_1217

島に降りると早速写真のような案内板が設置されていた。これは便利!島を横断する最短ルートとサイクリングルート。お立ち寄りスポットなどが書かれていて、道路にはマップルートを迷わないようにブルーのラインと行先が書いてある。

これは真似するべきだ。

IMG_1218

サイクリングルートの、ところどころに点在する島民がボランティアで設置しているサイクルステーションを案内して頂いた。手作りのサイクルラックとベンチ、トイレにパンフレット置きがあって、サイクリストが一休みしながら次のプランを練ることができるようになっていた。

今回立ち寄ったこの場所は普段町の集会所として利用されている場所。そのほかには全くの民家だったり空家など色々な形でいろいろな方が協力してくれているそう。

IMG_1220

山育ちの僕にはテンションの上がる景色。次は是非、風が穏やかな時期に来たい。

昼食を食べて、午後は今治城見学。

IMG_1222

松山城と比べたらかなり見劣りする・・・。天守閣はコンクリート製だし。しかし海の水を引いたお堀は何だか不思議。鯉が住めない代わりに鯛が住める。実際に鯛がいるかどうかは分からないけど・・・。

その後、現地NPO法人シクロツーリズムしまなみが運営するシクロの家を見学させていただき、活動についてのお話も色々と伺う事が出来た。今後、僕らの活動にも参考になる良い話をたくさん聞け、自転車県山梨!に期待を持つことができた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中