朝練習 6人

5月に利根川でタイムトライアルレースがあるから、その練習のためTTバイクで参加。今日は初参加の青沼君を含む6名と多め。

メンバーは松本さん・倉澤さん・星さん・杉本君・青沼君・僕。TTバイクは僕と杉本君。杉本くんは前日の練習ダメージが多く調子はイマイチだったみたい。

Lap タイム 速度 回転 NP ワット 左% %
1Lap 6:02 39.9 90 252 231 50 50
2Lap 6:12 39.0 86 235 211 50 50
3Lap 5:54 41.0 85 229 208 50 50
4Lap 5:52 41.9 89 236 223 51 49
5Lap 5:56 40.7 89 251 224 51 49
6Lap 5:51 41.3 85 229 214 51 49
7Lap 6:00 40.1 86 223 204 52 48
8Lap 6:02 40.1 87 254 237 52 48

今回は、アップ前に一度ゼロイングを行ってからスタート。ローターパワーは1ヶ月に1回くらいはゼロイングをしないとダメか、気温が大きく変わる場合はその都度ゼロイングが必要かも知れない。表示パワー自体にはさほど違いが出ないものの、左右バランスが大きく崩れる。

今回も気温が低かったスタート時にゼロイングを行ったから、後半になって気温がグングン上がってきたのと比例して左右バランスがずれてくる。

6人居るから1本目からハイペース。2本目で若干ゆるんだけど3本目~ペースが良くなった。後半はすこし垂れたけど平均速度40キロを切ることはなかった。しかし、集団内で先頭交代の際に急なペースアップがあったり、少々無駄な力を使っていた感じがあった。もう少し安定すれば全部のラップで5分台も近いうちに行けるだろう。

僕の方は、最近練習をサボっていた事もあって力が出ず。300wを超えるとしんどい。280wくらいで踏んでいくつもりで走るけど、先頭交代時のペースを維持しようとすると300w程度は踏まないとペースダウンしてしまうから、あまり長く引かずにペースを落とす前にパス。

ケイデンスが低いのは、調子がよくない証拠。疲れなどで力がでなくても調子自体が悪くなければペダリングは高めのケイデンスを維持することができる。つかはない上に、それができていないということは調子自体崩れてるというサインだ。

6人いると集団走行も若干ナーバースになって集中力が増す。練習仲間が多いのはいいことだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中