お台場 シクロクロス東京 (観戦)

週末の天気が崩れる予報を受けて、急遽シクロクロス東京を見に行くことに。

会場へは土曜日のレースへ参戦する杉本くんと雨宮wくんの2人に同行しお台場まで連れて行ってもらい、初日は2人のレース応援。カウベル(1800円)も購入し応援体制はばっちり。

IMG_1100

会場はオートバイでも来たことのあるDucatiアパレルショップのすぐ近く。

試走開始までの間、杉本くんと雨宮wくんの自転車を借りて砂浜を走ってみたが、これは確かに噂通りの難しさ。平になっている部分は走りやすいが、何度か走って轍ができてくるにしたがってどんどん走りにくくなる。

IMG_1091

靴の中はすぐに砂だらけだし、こりゃ大変なレースだ・・・。

IMG_1094

試走が始まり、杉本くんと雨宮w君の走りを見学。砂区間はやっぱり乗れないみたいで、ほとんどの選手が走ってる。もちろん杉本くんと雨宮w君も。

IMG_1099

コースには、こんな場所もあってなかなかおもしろそう。

IMG_1102

一通りコースを見て車に戻ると、杉本くんにトラブル。雨宮w君のホイールを借りてレースの準備をしたんだけど、これが失敗。レースは結局スタート直後にマシントラブル。大きく遅れてしまい、ピットで雨宮wくんの自転車に乗り換えてなんとかC3クラスを完走。悔しそう&1周目の殆どを走って辛そう・・・。

IMG_1103

残念。

機材トラブルの際に、雨宮w君のホイールスポークが1本飛んでしまったためシマノブースで修理をしてもらいました。折れたスポークを修理してもらったんだけど、無料で対応してくれました。シマノのスタッフの方ありがとうございました。

次はC4の雨宮w君を応援。

後方からのスタートだったけど、スタートダッシュがよく、順調に順位を上げて20位でゴール。カウベル持って応援してる僕を見つけると、ニヤっとしながら走り去っていく姿に、「渡辺さんなにやってんの?」という空気を感じつつ応援しました・・・。

その後は高橋くんと合流しC2やC1の走りを見て、一通り試乗車を試し、最後にファットバイクを試乗。

IMG_1109

トレックのファットバイク。見た目以上に軽くてとてもよく走る。しかも砂浜も全く不安なく走れる・・・。これはすごい。

高橋くんは気に入ったみたいで「欲しい欲しい」と連呼してました。

そして僕は杉本君・雨宮w君と別れ、都内に1泊して翌日のエリート観戦へ。雨の中見る方も走る方も辛いレースでしたが、内容はとても熱かった。流石にプロ選手の走りはものすごいものがあるし、圧倒されっぱなし。

レース観戦後は、Forzi:k東京支部のみんなと、かき小屋へ行って牡蠣パーティ。牡蠣だけでお腹をいっぱいにして山梨へ帰ってきました。レース観戦はもちろん楽しかったし、今回は色々と勉強になりました。

 

第1回 シクロクロス富士川 開催!

1月18日(日曜日)に第一回シクロクロス富士川大会が開催されました。

この大会のコンセプトは、まずは地域の皆さんに自転車競技を見てもらい知っていただくこと。
自転車競技を知っている方には、シクロクロスという種目を知っていただき、体験してもらう事。そして一番の目的は、楽しんでもらうこと。

競技と聞くと、まずルールを知る必要があって、それに準じた準備が必要で・・・と気軽に参加とは行かなくなってしまう。でもシクロクロスなら、コースの設定次第でママチャリでも楽しめてヘルメットさえ準備すれば、その日の朝に会場へ行けば参加できる。

そんなレースができるんじゃないか?というのがきっかけ。

現実はそんなに簡単ではなく、相当苦労しました。それでも協力してくれる沢山のボランティアスタッフのおかげでなんとか大会を開催し無事に終えることができました。このイベントに携わってくれた皆さんありがとうございました。

当日は道の駅富士川さんの協力をいただき、会場をお借りしただけではなく、会場に足を運んでくれたお客さんに無料でコーヒーを提供していただき、暖かいコーヒーを飲みながらレースの応援、観戦していただけました。

そして、NPOやまなしサイクルプロジェクトの企画としてキッズクラスと小学生クラスに力を入れました。キッズクラスにはゴール後にはパンでできたパンメダルを配り好評を頂きました。

10943910_10205755870042350_5949065461864676156_n

キッズたちが一斉にシケインを越えていく姿はとても愛らしい。

小学生クラスにも沢山のエントリーをいただき、この中から将来自転車競技を目指す子供がいるんじゃないか?という期待が持てました。

10917895_10205755853441935_6323760632306087044_n

みんな、なかなかいい走りをしていました。

10387203_10205755716998524_1301337189730027058_n

エンジョイクラスには様々な自転車と様々なコスチュームの参加者が参加してくれました。

10527881_10205755678837570_7264210114301766210_n

もちろんフォルジーク女子も参加しました。

本格的なシクロクロスレースとしては、ファンクラスがAクラスBクラスの2クラス。ファストクラス(上級者)もあり、シケインなどの障害をスムーズに越えていく姿には観客からも声が上がっていました。
そしてキッズクラスに出場したお子さんが、レースから帰ってきたお父さんにパンメダルをかけてあげた。なんて話を聞いたら涙が出そうになりました・・・。

エンデューロクラスは、仮装した選手がたくさん走り、笑いを誘う場面もあり、会場の全体的な雰囲気は温もりがあって良かったと思います。

10919021_10205755668477311_5310703734216140099_n

我がフォルジークチームは、2人エンデューロへ杉本君と雨宮w君が参加して見事優勝しました。

10384286_10205755701838145_706227501030861216_n

表彰台は、ビールケースです・・・。

盛況の内に閉幕した第一回シクロクロス富士川ですが、沢山の改善点もありました。次回の開催では更に楽しんでいただける大会とできるようにスタッフで話し合い運営していきたいと思います。

会場に足を運んでくださった皆さんありがとうございました。

リザルトは近日シクロクロス富士川のホームページに掲載する予定です。

 

シクロクロス富士川 プレ走行会

10405645_503794256428081_5072846412853021937_n

2015年1月18日に山梨県の富士川町にある、みちのえき富士川で開催されるシクロクロス富士川。ツール・ド・富士川と同じくNPOやまなしサイクルプロジェクト(YCP)主催の自転車イベントです。

今回はそのシクロクロス富士川プレイベントという事で、NPO会員の皆さんに集まっていただき、実際にレース形式で走っていただき運営のノウハウを勉強させていただきました。

レースは2レース行い、1レース目には僕も参加させてもらいました。僕はシクロクロスバイクを持っていないのでロードバイクで参加。シクロクロスバイクみたいに速く走ることはできませんでしたが、ロードバイクでも十分走れるコース設定。シクロクロス競技に参加している方々には少し簡単なコースかもしれませんが、初心者やしころクロスに興味があるけど自転車を持っていないという方には打って付けなコース。

今回シクロクロス・マウンテンバイク・ロードバイクにクロスバイクといった様々な車種が走りましたがどんな車両でも楽しむことができました。レース当日はママチャリでも参加可能です。

10850278_1511308452478103_3902081249813615270_n

2本目は計測と記録を担当し、運営も経験することができました。今回コースの設営に協力してくださったNPO会員の皆様やプレ走行会に参加してくれたNPO会員の皆さんありがとうございました。

NPO法人やまなしサイクルプロジェクトの会員になっていただくと、このようなプレイベントに参加していただく事ができます!

運営を担当した理事のみなさんもおつかれさまでした。当日は面白い大会ができると確信できました。

シクロクロス富士川

チャレンジバンク フェス

毎月1回開催を目指しているチャレンジバンクの集大成的大会。チャレンジバンク フェス。今年もロードレーサーの部とトラックレーサーの部で開催しました。種目はそれぞれ、平がけ200mスプリント・スクラッチ・ケイリンの3種目。スクラッチとケイリンは予選を行い決勝戦を行いました。

総勢で30名以上の選手が集まり各種目も盛り上がったのですが、少々ボリュームが多くて選手の皆さんヘトヘトになりながらも頑張っていたのが印象的でした。

今回もささやかでは有りますが、景品も用意させていただき寒い中、朝早くから夕方までたっぷり境川バンクを楽しんでいただくことができたと思います。

休憩時間やフリー走行時間には、バンク体験走行会も開催し。始めてバンクを走る方にも楽しんでもらいました。

また、来年も楽しい大会が開催できるように主催グループの方で頑張っていきたいと思います。

10376838_10205355072782669_3382512336923264230_n 1535379_10205355064902472_8178030432363599762_n 10474450_10205355113863696_4559689493303819725_n 10806294_10205355108543563_8776265881388243831_n 10686858_10205355106983524_6267045433272836695_n

山梨県民体育祭り 一応3年連続優勝?

昨年は台風で開催が危ぶまれた同大会でしたが、今年は晴天の中開催されました。Forzi:k山梨からは僕・倉澤さん・杉本君・雨宮w君が出場しました。昨年は1kmタイムトライアルと3kmタイムトライアルの2種目にエントリーしたものの、まさかのスケジュール前倒しで自宅でアップしている間に1kmタイムトライアルが終わってしまうというアクシデント・・・。

今年は4kmチームタイムトライアルに倉澤さん・杉本君・雨宮w君の4名で出場。そして今年も3kmタイムトライアルにエントリーしました。両種目ともロードレーサーの部です。

まずはチームタイムトライアル。杉本君・雨宮w君・倉澤さん・僕の順でスタート。スタンディングスタートだから緊張する。杉本君の加速が強烈で「あ・・・今日の俺ダメかも・・・」といきなり千切れるイメージが頭に浮かんだけど何とか堪えて着いて行った。

3周目くらいに入ると何とか余裕も出てきていい感じ。200mずつ引いて先頭交代していくけど、半分を過ぎた当たりで倉澤さんが千切れ気味。急いで倉澤さんと雨宮w君の間に入って隊列は整ったけど、僕が引く番になったところで倉澤さんが付切れしてしまい、それを埋めるのに杉本君が脚を使ってしまってThe End。

残り3周は僕が先頭を固定して走ったけど、7割くらいで引いても後ろが切れてしまうくらいに杉本君と雨宮w君が消耗してしまいタイムを落としてしまった。5分切りを目指していたけど、やっぱり練習していない事はなかなか上手くいかないものだなぁ。

10650042_700862059967440_732628502040872408_n

結果は5分12秒213。266w・166bpm・87rpm

ロードチームは1チームだけのエントリーだったから、優勝?なのかな?。トラックとロード合わせても3チームしか出て居なかったけど、総合では3位。

次は、3km個人タイムトライアル。この種目は過去2年連続で優勝しているから今回勝てば3連勝って事になるのかな?。目標は3分40秒台。今年の相手は倉澤さん。僕はバックスタートでホームゴール。倉澤さんはその逆。

10678742_700867396633573_3488821111310835493_n

新しいフォームは、なかなかいい感じ。踏める感覚もあるし持続も楽。これは良いカモ?と手ごたえを感じながら走った。

10686880_700867363300243_5415002930811268702_n

6周目あたりで倉澤さんをとらえてパス。倉澤さんは追いつかれない事を目標に走っていたみたいだけど、機材的に相当不利だからしょうがない。

結果は、3分54秒127。320w・178bpm・95rpm

ん?・・・微妙なタイム。調子がめちゃくちゃ悪かった去年の記録を調べてみたら、0.5秒しか速くなってなかった・・・。がっくり。それでも何とか優勝。ロードとトラックの総合では2位。3年前に出した3分46秒は奇跡だったのだろうか?

倉澤さんはロードの部2位。そのほかの種目でもチームメンバーが健闘しました。

10670279_700870919966554_5027285064094536402_n

東京から来てくれた清水さんも楽しんでもらえたみたいで良かった。

夜は、Forzi:kメンバーと清水さん&ともちゃんのゲストを迎えて飲み会。楽しかった~。また山梨に遊びに来てね。

タイムトライアルジャパン 3戦 袖ヶ浦ステージ

いよいよタイムトライアルジャパンの最終戦、袖ヶ浦ステージ。4時にやまなしを出発し現地には7時半頃到着。前回に引き続きマネージャーとして参加してくれた高野さんにはいろいろとサポートしてもらい大変助かりました。

今回エントリーしたのは個人アルティメットに僕と杉本君。チームアルティメットに僕・杉本君・雨宮w君(高橋君は来れず)。ノーマルチームに鈴木君・青沼君・芦沢さん。総勢6選手+マネージャー。

袖ヶ浦フォレストレースウエイに到着し、まず受付へ。そしたらこんなポップが貼ってあって、チームのみんなからまずいじられました・・・。

10434219_445009928975497_3464732711816688808_n

今回は、午前中にタイムトライアルジャパンが開催され、午後は東京エンデューロサマーが開催されるという強行スケジュールの為大忙し。しかも雨が降っていると言う事もあり慌ただしい。

急いでピットに荷物を運び、アップの準備。アップを終えたら、急いでスキンスーツにゼッケンをつけて着替え、スタートへ・・・。今回もアップは1分L5を5本。レストは1分だけど、インナーからアウターに入れると必ずチェーンが落ちて上手くいかない。どうやらローラー用のクイックシャフトがSpeedmaxCFに合わないようだ。

タイム 速度 心拍 回転 NP ワット 左% 右%
アップ 10:00 25.0 157 85 173 160 38 62
L5 1:02 37.0 167 85 296 311 42 58
ダウン 1:30 25.5 167 73 198 152 40 60
L5 1:01 38.0 166 86 296 319 43 57
ダウン 1:07 23.4 166 68 218 136 39 61
L5 1:01 38.5 169 87 293 321 43 57
ダウン 1:28 22.8 170 68 204 136 39 61
L5 1:01 37.8 168 85 284 309 43 57
ダウン 1:01 22.1 169 77 208 115 34 66
L5 1:01 38.9 172 88 297 325 44 56
ダウン 7:27 20.3 173 77 141 101 36 64

アップの感じではさほど苦しくないがパワーは上げやすかった印象。心拍も160bpmまでならすっと上がってくる。今回のコースはアップダウンもあり、減速しなければならないコーナーもある上に路面がウエットと、なかなか面白い。まずは僕と一緒に個人へエントリーした杉本君がスタート。

10171028_445008842308939_3759282117397507177_n

そして僕はアルティメットクラスの最終スタート。

10584042_445009215642235_5901103758733869405_n

なぜかと言えば、間違えてJCF未登録にエントリーしてしまい、急遽JCF登録クラスに変更してもらったから・・・。運営スタッフの皆さんご迷惑をおかけしました。そんなわけで龍太郎君がスタートしてから20秒後のスタート。龍太郎君はあっという間に見えなくなり、その後も姿が見える気配なし。

10629698_445009755642181_4488226954855281138_n

レースはひたすら淡々と走るのみ。注意が必要なのは1つ目のヘアピンコーナー。それ以外はさほど難しくない。1周目の1ヘアで思った以上に雨で制動力が落ちていて一瞬ドキッとしたけど、むしろ速度を落としすぎてしまい失敗した以外はスムーズに走る事が出来た。

しかし、今回もダメ。走り始めてすぐに大臀筋に痛みが出始め体が起きてきてしまう。そしてツライ。直線区間でどんどん抜かれてしまうけど、コーナーで取り返す走りで何とか14位。杉本君はコーナーが上手く走れなかったみたいで24位。

タイム10分32秒 249/255w 91rpm 165bpm

1558412_445010038975486_8228574813110916120_n

個人の結果をがん見なう。個人に出場していない雨宮w君はしらけ顔・・・。

10613073_445009815642175_5492418747395368229_n

次のチームTTに向けて作戦会議。1ヘアの走り方をアドバイスして備える。今回は強豪チームが出場していないからアルティメットも入賞のチャンスがある。ノーマルチームは2連勝を目指す。実は、今回出場できなかった高橋君の代わりにポールさんが走る予定だったんだけど、残念ながら個人タイムトライアルでポールさんが落車してしまうアクシデントにより欠場となってしまった・・・残念。

今回もノーマルチームからスタート。最終戦はノーマルもアルティメットも参加チームが少なかったので、ノーマルチームのスタートを見てすぐに僕らもスタート。

10639525_445010712308752_7195194624919771340_n

僕らがスタートする少し前に、ホームストレートに戻ってきたノーマルチームは安定して走れている感じがした。

10609574_445011415642015_5547878224841321011_n

そしていよいよアルティメットチームのスタート。今回も僕が先頭で杉本君・雨宮w君と言う並び順で行く。1周目は抑え気味に走りコーナーの感じをつかんでもらうため僕が先頭固定。2周目からローテーションをして走ったけど、やっぱりコーナーがダメだった・・・。

コーナーの練習をしておくべきだったな~と反省。そんなわけで、僕の得意な部分を生かせず、みんなが上げてくれるスピードに付いて行くのみ。それでも3周目はコーナーも少しだけスムーズに走れて上げて走る事が出来たと思う。結果は2位。

10分51秒 228/242w 89rpm 163bpm

ノーマルチームもコーナーの攻略に苦戦してしまったそうで、7分40秒の悔しい3位。それでも、ノーマルとアルティメット両方で表彰台に乗れた事は良かった。最終戦は少し大会としての盛り上がりは低かったけど、僕らのようなチームでも表彰されるチャンスがあるという事は嬉しいかな。

10603231_445015752308248_7904545794005511986_n

10632665_445016162308207_1670290794661450094_n

強いチームともトップ争いができるように頑張るぞ。そしてやっぱりチームTTは面白い。

おまけ

レース後はチームのメンバー7人とポールさんの8名で、お食事処やまよでアナゴを食べた。今回これを一番楽しみにしていたと言っても過言ではない。ポールさんも食べたかったみたいだったからよかった。

IMG_0693

僕は煮アナゴ重。おいしかったです。

タイムトライアルジャパン第2戦 利根川ステージ

先月の渡良瀬ステージに続いて、第2戦となる利根川ステージへ参戦。前回はアルティメット1チーム。ノーマル2チームと3チーム体制で挑んだシリーズ戦。今回は残念ながらメンバーを減らしてのアルティメット・ノーマルでそれぞれ1チームずつ。

しかし前回の反省を踏まえ、練習に励んできた。特に今回ノーマルクラスに参戦した倉澤さんを筆頭に久しぶりのレース復帰した鈴木君に赤池君と言う2人の若手。芦沢さんは東京に転勤になってしまってからなかなか一緒に練習をできないが、もともとの朝練メンバーと言う実績があるから心配はない。それぞれのスキルが高いのは分かっていたので、あとはどれだけチーム力を発揮することができるか?

10353453_429109197232237_1116890315146227310_o

今回もマネージャーとして参加してくれた梨恵ちゃん。そして初めてレースに同行してくれ撮影をしてくれた高野さんの2人が強力にチームをサポートしてくれた。今回は初のチームフラッグを用意してレースに参戦したので、観戦する側も盛りあがる事が出来た。

10517465_429108193899004_4818247736082028066_n

気さくな梨恵マネージャーにチームのみんなフレンドリーに接する事ができる。そのお蔭でゼッケンの取り付けをお願いしたり、水を用意してもらったりと本当に助かりました。特に今回はレース後にゲリラ豪雨があった事で荷物の撤収に選手は大混乱だったけど、高野さんと梨恵ちゃんが冷静に片付けてくれたおかげで選手は本当に助かった。

10455058_429108903898933_7222156100347820162_n

しかし僕はと言うと・・・。そんな手厚いサポートを頂いているにも関わらず、レースに気合が入らず、忘れ物が多くてみんなに迷惑をかけてしまった。まず集合場所でホイルバッグを忘れたり、究極は現地でサイコンを忘れた事に気づくという失態。

こんな失敗にも個人TTには出走しない雨宮w君がサイコンを貸してくれて助けられ、遅れて合流する高橋君にサイコンを用意してもらいチームTTも事なきを得るという何とも情けない状況。しかし、こうして支えてもらえることで素晴らしい仲間と最高の時間が過ごせているんだと実感するのも事実。

アップではサイコンが無いので、赤池君に時間を測ってもらいながら。(写真)

10568836_680415602012086_7119079920167178696_n

個人TTは、ノーマルに出場した倉澤さんが9時にスタート!平坦に強い倉澤さんだけに好成績を期待。今回も立派なスタート台からホルダー付きでレーススタート。

10522469_680415675345412_2684183852260084470_n

選手をチーム全員で応援。「来たらなんて声をかけようか?」なんて話題で盛り上がる。こんな時はだいたい「もっと踏めー」とか「行けー」とか。実際でも走ってる方からすれば、ほとんど聞き取れない。

真夏の暑い中7キロ強の個人TTを走り切った倉澤さんは、平均速度41.15kmで6位。トップとは18秒差だったが、表彰台まではあと6秒と僅差。このまま頑張れば近い将来は表彰台に上がれる日が来るハズ。

ノーマルクラスが終わり次はいよいよアルティメットクラス。この頃には気温がぐんぐん上がり本日のピークに・・・。エアロヘルメットをかぶる気にもならない状況。

10271617_429108933898930_1400027189881049989_n

スタート台近くの待機所にはテントも用意されて居たけど、暑くて暑くて・・・。先にスタートする杉本君を見送ってヘルメットをかぶってたりして準備。

10270624_429104850566005_6017885382159693498_n

待機所でスタート地点に戻ってきた杉本君を見ると、かなり辛そう・・・。「そりゃこの暑さじゃなぁ・・・」そう思ってみると、走ってる選手みんな辛そうだ。そしていよいよ僕のスタート。体にボトルの水をかけてジャージを濡らしてからスタート。最初の10秒くらいは涼しかったけど、その後は関係なし・・・。

10556387_429104973899326_9208275944034224880_n

杉本君の時も僕の時もチームのみんながフラッグをもって応援してくれる。

1Lapした所で「リタイヤ」と言う文字が頭をよぎるくらい暑くて辛くて厳しかったけど、ペースを落として何とか走り切った。スタートした時は250w位を目標にしていたが、1回目の折り返し時点で200wに落ちて、2Lap目はせいぜい170w程度・・・。

ゴールして自転車を降りたら、頭がぽーっとして「ヤバい」って感じ。「1時間後のチームTTは走れるのか?」と不安。

10494617_429105473899276_4696532012233042471_n

休憩は日陰で水分を取りながらジックリ。高橋君が用意してくれた保冷剤で頭や首を冷やして何とか復活。この暑さは本当にきつかった・・・。そして午後のチームTTへ。メンバーで軽く作戦会議をして、僕・杉本君・雨宮w君・高橋君の並びで走る事を決めて挑む。目標はあくまでも熱中症にならない程度に頑張る・・・。

1924354_680419002011746_5525615297537847648_n

そして先にノーマルのチームがスタート。鈴木君・倉澤さん・赤池君・芦沢さんの順で隊列を組んで走った。チームの作戦は、ペースに乗ったら細かくローテーションを回し、強く短くを心掛けたらしい。

10425092_429106793899144_4044223695882142594_n

練習の成果もあって隊列が整いペースも良い。撮影していた高野さんも「速くて撮れない!」と言うほど。そして次は僕らが出場するアルティメットのスタート。今回は兎に角全員でゴールしたかった。

10525620_680420088678304_3676152645188803283_n

スタート前は特に会話も無く、個人個人がしっかり集中している感じ。それぞれがやるべき役割をしっかり理解しているからこそ?かな?。特に緊張もせずみんなを信じてスタート。

スタートして往路は追い風。復路の向かい風でペースを落とさないために若干余裕をもって加速した。

10502273_429106867232470_9180166095311649177_n

追い風区間は48キロくらい。向かい風区間は43キロくらい。良いペースでパワーもいい感じに出ていた。理由は、午後になって急に天気が崩れ始め曇ってきたことによってかなり涼しくなったから。

10584099_680420698678243_2190217846461768368_n

Uターンも声をかけながら焦らずこなし無駄足を使う事無く2周目へ。この時点で雨宮w君もしっかりと付いて来ているし、前回脚を攣らしてしまった杉本君も力強い。僕と高橋君が長めに引いて、杉本君と雨宮w君がペースを守るという連携で最後の折り返しを終えて、ゴールまで残りが1.3km。

ここで雨宮w君と杉本君が残りの力を使い50キロまで加速。中切れしそうになりつつも声をかけながらうまく調整して最後は4人で並んでゴール。誰も千切れなかったし、全員がしっかりと仕事をこなした最高のチームTTだった。

ゴールして退避エリアに入ると鈴木君が「僕たち優勝しました!」と嬉しそう。これには僕もびっくり!急いでリザルトを確認しに走る。

確かにForzi:kがリザルトの一番上に!タイムも9分34秒で2位以下に約14秒の差を付けてぶっちぎり!これにはチームのみんなで大喜び。アルティメットは19分9秒で5位。トップのなるしまフレンドには1分以上の大差をつけられてしまったが、2位のシナジーとは8秒差。

前回からさらにチーム力が上がった結果になりました。

表彰式と2トライはゲリラ豪雨で中止になってしまい残念だったけど、また一ついい思い出ができた最高の1日となりました。

10517521_429104433899380_5960203864878815150_n

関係者の皆さん。ありがとうございました。